ホーム » バイク売却知識 » 

ローン支払いが残っていてもバイクを売ることはできる?

読了までの目安時間:約 5分

 

 

新しいバイクに買い換えたい!必要なくなったのでバイクを売りたい!

 

がしかし、バイクのローン支払いがまだ残っているとなると、ローンを払いきらないとバイクを売ることはできないと思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

バイクを買うとその車両の所有権は通常バイク持ち主のものになりますが、ローンで買った場合は別です。

 

 

ローンを組んでバイクを買った場合は、車両の所有権が自分自身ではなく、買ったお店またはローン会社に基本なっているため、ローン支払いが残っている場合は、所有権が自分にないためバイクを売ることができません。

 

 

ですが、ローン支払いが残っている場合でもバイクを売ることができる方法もあるので、今日はそちらをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

ローン支払いが残っていてもバイクを売ることができる方法

 

「ローン支払いが残っていてもバイクは売れる」

 

ローン支払いが残っていたらバイクを売ることはできませんが、バイクを売ると同時にローン支払いを終わらせることができたらバイクを売ることができます。

 

 

どういうことかというと、バイクの売った金額をローン支払いの残りの金額より差し引いて受け取ることでバイクを売ることができます。

 

●説明●

例えばバイクのローン支払いが10万円残っているとする。

 

そしてバイク自体が20万円で買取してもらうことができたとしたら、ローン支払いの残り10万円を差し引いて10万円を受け取りバイクを売ることができるというイメージになります。

 

このようにバイクの買取金額がローン支払い金額を超えることができたら、問題なく売ることが可能です。

 

 

 

バイクの買取金額がローン支払いの残りより少ない場合

 

では逆の場合はどうでしょう。

 

バイクの買取金額がローン支払いの残りよりも安かった場合。

 

この場合はバイクを手放すために足りなかった金額を支払いすることで、バイクを売ることができるようになります。

 

 

●説明●

例えばバイクのローン支払いが10万円残っているとする。

 

そしてバイク自体が5万円で買取してもらうことができたら、5万分がローン支払い残高に足りない形になる。

 

この場合差額の5万円をローン会社に支払うことでバイクを売ることができるというイメージになります。

 

※もし1活で5万円の支払いをすることができなかったら、新たに別のローンを組んで、バイクを買う時に組んだローンを支払いすることもできるようです。

 

 

まとめ

いろいろ長く説明してきましたが、バイクのローンが残っている状態でもバイク自体は売ることができます。

 

 

ただしローン支払いを終えることは前提条件なので、売った金額の差し引きでローンを完済させるか、売った金額でローン支払いの残債に届かなかったら、逆に支払いを行うというようになります。

 

 

いずれにしてもローン支払いの残り金額と今乗っているバイクがいくらで買取してもらえるかについてはしっかり把握しておくべきだと思います。

 

 

ローン支払いの残り金額は通帳チェックまたはローン会社に問い合わせして確認になります。

 

 

バイクの買取金額の確認については、インターネットの査定を利用することでかんたんにバイクの買取目安を確認することができます。

 

 

 

カテゴリー
最近の投稿
タグ